国語

城の崎にて

千葉県内の高校で行った国語の授業での活用事例です。
志賀直哉の「城の崎にて」という題材の中で、AIAIモンキーを活用した話し合い活動を行いました。

基本情報

学校名   千葉県内公立C高校
学 年   1年生
教 科   国語

授業のねらい

「静か」と「寂しい」に込められた意味を考え、自分の意見をまとめることができる。

授業の流れ

① 物語を読んで、自分の意見をプリントにまとめる

作中の第五段落を読み、「静か」と「寂しい」にはどのような意味が込められているかを考え、プリントに自分の意見を記入します。

② グループで話し合いを行い、改めて自分の意見をAIAIモンキーに入力

プリントにまとめた内容をもとに、グループで話し合いを行い、「『静か』と『寂しい』にはどのような意味が込められているか」という設問に対し、あたらめて自分の意見をAIAIモンキーに入力します。

③ 分析結果を見ながら話し合い

分析結果を見ながら、気になるワードに着目し、グループで再度話し合いを行います。

④ グループで話し合った内容を踏まえ、クラス全体でまとめ

グループで話し合った内容を発表し、「静か」と「寂しい」に込めたれた共通の意味をクラス全体で共有します。

先生の声

・校内に教員用のパソコンがない中、初めてプロジェクターと貸出し用のパソコンを使っての授業にチャレンジしたが、このような新しい授業スタイルを日頃から続けていきたい。
・全員の意見が瞬時に見えるこのアプリは、今後国語科以外でも教科横断で活用できると思う。

生徒の声

・初めて自分のスマフォを使って授業を受けたが、意外と面白かった。
・同じキーワードでも「漢字」「ひらがな」「カタカナ」と多様な表現がされていた。
・もっとこういったICTを使った授業をやって欲しい。

CASE STUDY活用事例

TOP